不動産売却・
買取の流れ

  • TOP/
  • 不動産売却・買取の流れ

不動産売却の種類と流れをご紹介します

Flow不動産売却の種類流れ
ご紹介します

不動産売却には仲介方式(仲介売却)・買取方式(不動産買取)・保証方式の3つがあります。なるべく高く売りたい、なるべく早く売りたい、高く売りたいけど最低保証価格をつけてほしい、といったように、お客様それぞれにご希望・ご事情がございます。ここではそれぞれの特徴を比較してご紹介したうえで、売却の流れを石川県・富山県・福井県で不動産売却を手がけるさくらホームがご説明していきます。

不動産売却の流れ

不動産売却の流れ

当社にて不動産を売却するまでの基本的な流れをわかりやすくご紹介いたします。不動産売却はその方法によってまったく異なります。大切な資産の売却で後悔しないためにも、売却方法の種類とそれぞれの流れを事前にご確認ください。

どの売却方法が自分に合っているかわからない、という方はお気軽に当社にお問い合わせください。不動産売却の専門スタッフがお客様のご事情・ご希望を親身にお伺いし、それぞれに合った売却方法をご提案いたします。

仲介方式

Step1不動産売却のご相談

Step2調査・査定

Step3価格・販売方法の決定

Step4
媒介契約の締結

Step5
購入希望者探し

Step6
売買契約の締結

Step7決済

Step8所有権の移転決済

保証方式

Step1不動産売却のご相談

Step2調査・査定

Step3価格・販売方法の決定

Step5で定めた期間(3~6ヵ月)で
売却出来なかった場合
Step6
買取契約の締結

Step7決済

Step8所有権の移転決済

買取方式

Step1不動産売却のご相談

Step2調査・査定

Step3価格・販売方法の決定

Step6
買取契約の締結

Step7決済

Step8所有権の移転決済

Step1 売却のご相談

Step1 売却のご相談

お住まいの売却を考え始めたら、まずは、当社までご相談ください。「将来の売却を考えて」「現在の評価を知りたい」「売却しようか迷っている」など、 今すぐ売却の予定のない方も歓迎です。お持ちの不動産の評価を知っておくことは、資産管理の観点からも重要です。ぜひお問い合わせいただき、大切な不動産の価値をご確認ください。

なお、当社では売却だけでなく税金・登記についてのご相談も受け付けています。相談・査定は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

まずはこちらから
ご連絡ください

Step2 査定・調査
現地調査 査定書提出
現地調査 査定書提出
お客様が所有する不動産を経験豊富な当社スタッフが綿密に調査いたします。室内や設備・日照・眺望・周辺環境などさまざまなポイントをチェックし、より正確な価格を算出いたします。法務局にて登記簿などの確認も同時におこない、売却できる状態にあるのかも確認いたします。 査定書提出 査定書提出 現地調査に基づいて不動産査定書を提出します。査定書には、主に下記の内容が記載されています。
  • 不動産の表示事項
  • 法令に基づく制限
  • 飲用水・ガス・電気の供給および排水の整備状況
  • 路線価・公示価格
  • 各条件査定
  • 登記事項要約書・公図
  • 査定価格・販売提案価格ついて
    (※保証・買取価格は依頼ある場合のみ)
  • 近隣の取引事例と販売物件
  • その他特記事項 他

※インターネットによる簡易査定の場合は、上記内容と異なります

Step3 
価格・販売方法決定

不動産査定書に基づいて、お客様と打ち合わせのうえ、販売価格を決定します。

  • 販売価格はお客様が決定します。当社は販売についてのアドバイスを差し上げます。
  • 広告媒体などの打ち合わせをします。広告販売をしないケースもあります。
  • 当社では3つの販売方式をご用意しております。(表を参考)
  • ご希望の方には、売却できなかった場合の当社下取価格をご掲示します。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

01 仲介方式 02 保証方式 03 買取方式
内容 一般的な売却方法です。
※原則、媒介契約が必要です。仲介業者が売主様から依頼を受けて購入者を探して販売していく方法です。物件調査・販売活動~物件引き渡し・残金決済まで全てお手伝いさせていただきます。
はじめは(1)の仲介方式(仲介売却)で販売するが、あらかじめ保証価格(最低価格)を設定し、期限までに販売できなかった場合に保証価格で買い取る方法です。当社には保証買取専門の別会社がありますので、迅速に対応します。 不動産業者が売主様から、直接物件を買い取る方法です。
長所 不動産査定書に基づいて、お客様と打ち合わせのうえ販売価格を決定します。一般的で高く売却できる方法です。売却期間が決まっていない人や割と急いでいない方に向いています。 購入者様が決まれば(仲介売却)と同様に高く売却できる可能性があります。また、最低価格が保証されているので売れなかったとしても安心です。売却予定を立てやすいので、住み替える方などにおすすめです。 即現金化できます。仲介方式(仲介売却)のように売却までのわずらわしさがありません。
短所 いつまでにいくらで売却できるかの保証はありません(3ヶ月~半年が目安ですがそれ以上かかる場合もございます)。 保証料が発生します。 仲介方式(仲介売却)に比べて不動産会社の買取にかかる諸経費を差し引く分安い売却金になります。
費用

売買契約に至ると仲介手数料が必要です。
仲介手数料=売却価格×3%+6万円+消費税
売渡証書作成や抵当権抹消費用、住所移転など約1~8万円

※別途諸費用がかかる場合がありますのでご確認ください。

保証料が必要です。
保証料=保証価格0.5%
仲介で売却できた場合は、(1)の仲介手数料が必要です。
売渡証書作成や抵当権抹消費用、住所移転など約1~8万円

※別途 諸経費がかかる場合がありますのでご確認ください。

仲介手数料がかかる場合があります。
売渡証書や抵当権抹消費用、住所移転など約1~8万円

※別途 諸経費がかかる場合がありますのでご確認ください。

Step4 媒介契約のご締結

売主様が不動産会社に売却を依頼する契約を「媒介契約」といいます。
媒介契約には3種類の方法があり、それぞれ特徴が異なります。

※注意:媒介契約は売買契約ではありません。媒介契約を締結したからといって、必ずしも不動産を売却する必要はありません。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

01 一般媒介契約 02 専任媒介契約 03 専属専任媒介契約
契約業者数と
個人契約の可否
  • 複数の業者に依頼が可能。
  • 自ら発見した相手方と個人契約も可。
  • 依頼は1業者のみ。
  • 自ら発見した相手方と個人契約可能。
  • 依頼は1業者のみ。
  • 自ら発見した相手方と個人契約禁止。
流通登録と
報告義務
  • 流通の義務なし
  • 活動報告の義務なし
  • 不動産業者は媒介契約締結後
    7日以内に流通登録をする義務有り。
  • 2週間に1回以上の活動報告義務有り。
  • 不動産業者は媒介契約締結後
    5日以内に流通登録をする義務有り。
  • 1週間に1回以上の活動報告義務有り。
特徴 複数の業者に依頼できます。複数の業者に依頼すると販売計画が立てにくい・販売経費をかけにくいなどの弊害があります。 一般的な媒介方法です。
業者は1社なので売却に対する責任感が違います。計画的な販売が可能であるため、より良い条件での販売ができると思います。
特徴は(2)専任媒介とあまり変わりませんが、一切を業者に任せることにより厳格に報告を求められます。
費用 条件は全て同じです。
媒介契約を交わしても費用はかかりません。売買契約が成立すると、媒介契約で定めた仲介手数料がかかります。
条件は全て同じです。
媒介契約を交わしても費用はかかりません。売買契約が成立すると、媒介契約で定めた仲介手数料がかかります。
条件は全て同じです。
媒介契約を交わしても費用はかかりません。売買契約が成立すると、媒介契約で定めた仲介手数料がかかります。
Step5 購入希望者探し

ご提案した販売計画に基づき当社にて販売活動を開始します(お客様のご希望により広告を出さないケースもあります)。
見学者が現れた場合は、前日までに連絡をしますので、ご都合が悪い場合は遠慮なくお申し出てください。

  • 販売には、ぜひオープンハウス
    ご検討ください。
  • 販売活動は、お客様の申し出により
    休止・中止可能ですが、予め担当者にご相談ください。
  • 特別な場合をのぞき、
    販売活動費を請求することは
    一切ございません。
PICKUP

当社での活動は「売却名人」でもご確認いただけます

当社での活動は「売却名人」でも
ご確認いただけます

不動産会社の売却活動は具体的に何をしているのか、進捗はどうなっているのかなど疑問に感じている売主様はたくさんいらっしゃいます。

当社の販売活動は独自システム「売却名人」にていつでもご確認いただけますのでご安心ください。ご依頼物件のHP閲覧数、お問い合わせ状況、案内状況、経過報告など全てまとめて包み隠さず「見える化」されていますので、売主様が気になる部分を全てご確認可能です。

Step6 
不動産売買契約のご締結

購入者様が見つかり次第、不動産売買契約を締結します。
一般的にこのタイミングで手付金として売買価格の1割が支払われます。(お客様の事情により異なる場合があります)。

  • 手付金は売主様に渡されますが、
    売買価格の内金です。
  • 契約時に引き渡し日を決定します。
  • 通常、契約は不動産会社で
    おこなわれます。
Step7 決済

決済時の手続きには以下があります。

01 残金の受領 02 借入金の返済 03 所有権の移転登記
04 抵当権の抹消登記 05 建物(鍵)の引き渡し 06 固定資産税などの精算

一般的に、決裁は契約の1~2ヶ月後におこなわれます(新築予定など売主様・買主様の事情により異なる場合があります)。当社では決済の手続きは全て代行しますので、ご安心ください。なお、通常の決済場所は司法書士事務所ですが、銀行または不動産会社でおこなう場合もあります。

住宅ローンなどの残債があれば、この時期までに手続きを終えておきます(通常は、決済と同時に残債を支払いますが、手続きは、その前に終えておきます)。その他、決済日までに権利書をご確認ください。万一、紛失した場合は、時間がかかりますので早めにお知らせください。また、相続があった場合は、決済前に相続登記が必要です。お早めにお知らせください。

Step8 
所有権の移転・お引っ越し

残金の決済と同時に所有権の移転(引き渡し)がおこなわれるのが一般的です。

  • 引き渡し日の2~3日前にはお引っ越しをお済ませください。
  • 畳の表替えや、障子の貼り替えは必要ありませんが、簡単なお掃除をお願いいたします。
  • エアコン・庭木については、当事者間の取り決めになることが多いです。
  • 一般的に、照明器具やアンテナは建物に付属しています。
  • ボイラー等の設備が故障している場合や、雨漏りは、事前に修理する必要があります。
  • シロアリが発生したことがある場合や雨漏りがある場合は、最初にお伝えください。
  • シロアリ検査は当社でおこないますがシロアリが発生している場合、シロアリ駆除の費用は売主様負担となりますのでご了承ください。
  • その他、細かいことは当社スタッフにお気軽にご相談ください。
  • 不動産売却のご相談

    不動産売却のご相談をメールにて無料で24時間いつでも受け付けております。お問い合わせいただいた内容については、遅くとも18時間以内の返信(長期休暇期間をのぞく)を心がけておりますのでお客様の大切なお時間を無駄にいたしません。どんなお悩みごとでも、お気軽にお問い合わせください。

  • LINEで売却相談・査定依頼

    当社ではLINEで簡単・お気軽に売却相談・査定依頼が可能です。来店は面倒、電話をする時間がない、メールだと堅苦しい気がする……そういった方におすすめなのがLINEでのご相談です。当社スタッフがLINEでもしっかりご対応いたします。チャットを使った、気軽さも好評頂いています。

  • 相続勉強会・税務相談会も
    開催しています

    さくらホームでは定期的に相続勉強会を無料で開催しております。難しい相続についての基礎知識から節税対策・不動産の活用方法まで実例を交えつつお伝えいたします。また、1年に1回無料にて税務相談会も開催しています。当社提携の税理士が対応いたしますのでややこしい税務処理も安心です。さらに当社ではLINEで簡単・お気軽に売却相談・査定依頼が可能なのでぜひそちらもご利用ください。

売却査定依頼