不動産売却(買取)サービスのご案内

不動産売却方法は3種類あります。ご自分にぴったりの方法を探しましょう!

  • こんな方は仲介方式
  • こんな方は保証方式
  • こんな方は買取方式

少しでも高く売りたい方、売りたいが、急いではいない方

方法
不動産業者新聞やHPなどの様々な媒体を使い、購入希望者を見つける方法
ごく一般的な方法です。
(当社では、約70%の方がこの方法で売却しております。)
長所
高く売却できる可能性があります。
短所
いつ迄にいくらで売却できるか、保証が出来ません。(販売してみないと分らない)
また、案内などのわずらわしさがあります。
費用
仲介手数料 ※400万円以上の場合(仲介手数料=売却価格×3%+6万円+消費税)
売渡証書作成費用、抵当権抹消費用(約1~8万円)

少しでも高く売りたい!けど一定期間までに売れなかったら困るし保証はほしい。即買取は嫌な方、今の不動産を売らないと購入できない方にもおすすめ

方法
仲介方式現金買取方式をミックスした方法です。
販売の仕方仲介方式と同じ保証時期(通常3ヶ月~6ヶ月後)になると買取となります。
(当社では、約10%の方がこの方法で売却しております。)
長所
最低価格保証されているので安心です。
高く売れる可能性があります。
短所
仲介方式に比べ、売却金額低くなる可能性が高いです。
費用
仲介手数料 ※400万円以上の場合(仲介手数料=売却価格×3%+6万円+消費税)
売渡証書作成費用、抵当権抹消費用(約1~8万円)

今すぐ売って現金化したい方、周りに知られずに売りたい方、面倒くさいのは嫌な方、他人に家の中を見られたくない方は、買取方式が向いています。

方法
販売せずに、不動産業者が即買取をする方法です。最近は買取を選ぶ方が非常に増えてきております。
(当社では、約20%の方がこの方法で売却しております。)
長所
即現金化できます。
売却までのわずらわしさがありません。
短所
仲介方式に比べ、売却金額が低くなります。
費用
仲介手数料 ※400万円以上の場合は、(仲介手数料=売却価格×3%+6万円+消費税)
売渡証書作成費用、抵当権抹消費用(約1~8万円)

買取方式のさらに詳しい情報はこちら